PRP皮膚再生療法

自分の血液から抽出した血小板を多く含む多血小板血漿を注入して、皮膚の再生、若返りを目的とした美容医療です。
PRPとは多血小板血漿のことで、血小板は血管や細胞を治したりする働きを持ち、その中に血管新生、線維芽細胞活性化、コラーゲン産生などを助けるさまざまな成長因子が含まれています。これらの成長因子により肌のしわやたるみを改善し肌を若返らせるのがPRP皮膚再生療法です。

期待できる効果

育毛、薄毛治療
目尻のしわ
目元の小じわ、くま
法令線
口周りのしわ
額のしわ
美肌治療(水光注射を用いた場合)
手の甲のしわ
首のしわ

[メリット]

特にシワやくぼみ、ほうれい線などの改善に他の施術に比べ高い効果があります。
自身の皮膚を再生、活性化させ、肌のたるみを改善することができます。
ゆっくりとした変化なので、周囲の方に気付かれにくいのも特長です。
自分の血液を使用するので、異物を体内に注入するという不安はありません。アレルギーの発生の可能性もほとんどありません。

[デメリット・リスク]

効果に個人差があり、PRPの注入から効果を得られるまで1~2か月かかります。
1回の注入で効果が持続する期間は1~3年程度で、長期的な効果を得たい場合は、定期的にPRP療法を受ける必要があります。
PRPの精製はクリニックによって異なるため、治療効果や持続時間に大きな差があります(誇大広告に気をつけましょう)。
妊婦の方や子供、心臓病・脳梗塞の既往がある方、肝臓疾患をお持ちの方、血液が固まりにくくなるような薬を内服している方などは治療を受けることができません。

PRPの”rich”とは1,000,000/µl以上の血小板を含有していなければなりません。
当院では7~9倍の血小板濃縮率が得られ、1,200,000~2,000,000/µlの血小板を得る事が出来ます。また1つのチューブ内でPRPを精製するため細菌混入などの汚染をしっかり防止する事ができます。
また当院では、あえてPRPに活性化因子の添加を行っておりません。その効果は若干弱いかもしれません。しかしそれはコブやシコリなどの副作用を防ぐ為です。
2~3カ月に1回のペースで数回を目安としてください。

治療の流れ

医師の診察を受けます。
薄毛で来院された場合はAGA、休止期脱毛症、ホルモン異常に伴う脱毛症、び慢性円形脱毛症などの診断を受けます。

再生医療の適応があれば採血します。

PRP注入部位を麻酔クリーム等麻酔します。

その間に採血で得られた血液を遠心分離しPRPを採取します。

約15~30分後分離したPRPを注入します。
注射にかかる時間は部位や範囲にもよりますが5~10分くらいです

注射部位をきれいにふき取り終了(顔に施行した場合でもメイク可能です)。

PRP再生医療 料金目安表

1本15mlの採血でPRPが約2.0ml採集できる

適応部位の例:両目周囲、両法令線、眉間

採血から終了まで約1時間ほどかかりますのでご了承下さい。

適応部位の例:両目周囲+両法令線、前額(おでこ)、くち周囲、首のシワ

適応部位の例:両頬全体、首のシワ(広め)

適応部位の例:両頬全体+両法令線、両目周囲+両法令線+おでこ、両目周囲+両法令線+くち周囲

SNS

lagranGINZA